身近の反対闘争
先日縁があり、石木ダム建設予定地に行ってきた。案内してくれた女性を親切な人だなと思っていたが、後日ネットで調べたところ、反対運動の中心的存在ということが分かり、畏れ入っている。現地を見て、説明を聞いて、女性ということもあり、コロッと転向してしまった。
ココ

長崎大学医学部にエボラ研究施設誘致の話が進んでいるが、これの反対運動の中心人物が小学校から一緒の高校の同期で、こちらにも畏れ入っている。丁度原爆が落とされた辺りで町のど真ん中にある。こちらも説明を聞いて、軽く洗脳されてしまった。
ココ

実家の近所の漁師町に弾薬庫反対の大きな立て看板があるが、町の真ん中に堂々と立っていて、畏れ入っている。対面の島に自衛隊と米軍の弾薬庫が並んでできており、もし爆発でもしたらこの町は跡形もなく吹き飛んでしまうんじゃないかと想像している。汚水処理場が背面にできたらしく、踏んだり蹴ったりで、ここには小学校の同級生がゴロゴロいる。
コレ

スポンサーサイト